あいさつから心の状態が見えてくる?

1905 2015/08/11


「おはようございます」と挨拶をするときに
客観的に挨拶をしている自分を観察してみたことはありませんか?

どんな表情で挨拶をしているのでしょうか?
にっこり笑顔ですか?
怒ったような表情? 
つまらなそうな表情?

挨拶をする声のトーンはどうでしょうか?
明るい声?
暗い声?
元気のない声?

たとえば・・
にっこり笑顔で明るい声で挨拶をしている人
怒ったようにムスッと挨拶をしない人
抑揚なくつまらなそうに挨拶をしている人

客観的に観察してみると、あなた自身はどんな挨拶でしたでしょうか?

短い言葉ですが、挨拶をする時の表情や態度には
あなたの「心のあり方」が見えてくるのです。

コンビニの店員さんはこちらから挨拶


いつも不機嫌と知っているコンビニの店員さんに
「おはようございます」と笑顔で声をかけ続けたことがあります。
3か月間は目をそらすか、聞えないふりをするか、
不機嫌そうに挨拶をいやいや返されたりしました。

それでも、にこやかに笑って「おはようございます」と挨拶をし続けました。

ある日、別の場所ですれ違うことがありました。
照れくさそうに「こんにちは・・」と口を少し曲げながらも挨拶をしてくれました。
表情は相変わらず、不機嫌そうでしたけれどいつもより好感が持てました。

いじわるな人はいじわるな表情をしています。
怒りっぽい人は怒りっぽい表情をしています。
優しい人は優しい表情をしています。
明るい人は明るい表情をしています。

にこやかに笑うと、あなた自身も一日気持ちよく過ごせますね。

顔の印象は内側の声とあっている?


たとえば、こんな話を聞いたことはありませんか?
「私は第一印象で、誤解されることが多いの・・・」

「顔の印象で誤解される」という人がいますが、本当に誤解なのでしょうか?
その人の印象は、実はそのままズバリ!!だったりしませんか?
表情や声のトーンや態度で誤解される顔をするのをやめていきましょう。

どうやって変えていくのかというと

毎朝、自分の顔を鏡で見て、「今日も楽しい顔です」と言いながら
顔を洗ってはみませんか?
そして、口角(口の端)をあげて笑顔の練習をしてみましょう。
「恵まれた顔」「幸せそうな顔」を鏡でみてつくってみましょう。

試してみてはどうでしょうか?
3か月で「運がいい顔」へと変化していきますよ。

普段から笑顔の練習をしていくことで
笑顔をつくる余裕もないときに、つくり笑顔ができれば
心磨きのスイッチが入るようになります。

そして、不必要な感情がなくなったり、エゴが減っていくと
面白いほど小顔になれます。

心を磨いていくと福を呼べる小顔にもなっていきます。

関連記事の一覧
ページ上部へ